大阪~関西国際空港間のアクセス一覧!安い行き方は?

LCCを使うときには関西国際空港を利用することが多いですよね。

大阪府内~関西国際空港間はいくつかのアクセス手段があります。

そこで大阪府内~関西国際空港間のアクセス手段と価格の比較を行いました。

大阪~関西国際空港間のアクセス一覧(2018年12月時点)

基準はJR大阪駅とします。
大阪駅~関西国際空港間のアクセスを比較します。
大阪駅~関西国際空港間は以下の手段があります。

所要時間は乗り換えや当日の状況により変わりますのでご了承ください。
手段 路線 運賃 所要時間 備考
鉄道 JR特急はるか 2,360円 約50分 大阪⇒(関空快速)⇒天王寺⇒(特急はるか)⇒関西空港
JR関空快速 1,190円 約65分
南海ラピートα、β(レギュラーシート) 1,500円
内訳:1,270円+230円(梅田-なんば:大阪メトロ)
約65分
内訳:約35分+約30分(地下鉄+乗り換え時間)
関西トク割ラピートきっぷを使用
南海ラピートα、β(スーパーシート) 1,710円
内訳:1,480円+230円(梅田-なんば:大阪メトロ)
約65分
内訳:約35分+約30分(地下鉄+乗り換え時間)
関西トク割ラピートきっぷを使用
関空ちかトクきっぷ 1,000円 約65分 大阪メトロ各駅~なんば~関西空港駅
高速バス 関西空港交通バス 1,550円 約50分 先着順

最短時間で行くならJR特急はるかもしくは高速バス


最短時間で行くならJR特急はるかです。
約50分で行けることと乗り換えがないことがメリットです。

また、高速バスも約50分で行けますし、料金も1,500円とそこまで高くはありません。

早く移動するなら、特急はるか or 高速バスをオススメします。

なんばへ(なんばから)行くならラピート

なんば~関西空港であればラピートがオススメです。
所要時間は約35分ですし、運賃も1,270円からです。

ラピートα、βの違いは停車駅

ラピートα、βの違いは停車駅が異なります。
停車駅は下記のようになっています。

・ラピートα:なんば/新今宮/天下茶屋/泉佐野/りんくうタウン/関西空港
・ラピートβ:なんば/新今宮/天下茶屋/堺/岸和田/泉佐野/りんくうタウン/関西空港

ラピートのレギュラーシートとスーパーシートの違いは?

また、ラピートにはレギュラーシートとスーパーシートの違いがあります。
スーパーシートのほうがレギュラーシートより210円高くなっています。

違いはシートの列数です。
レギュラーシート:4列
スーパーシート:3列
となっています。

また、シートのピッチも違いがあります。
レギュラーシート: シートピッチ1030mm、シート幅460mm
スーパーシート: シートピッチ1200mm、シート幅485mm

参考:特急ラピート|南海電鉄

安さ重視なら関空ちかトクきっぷ

安さを重視するなら関空ちかトクきっぷが安いです。1,000円で行くことができます。

大阪メトロの各駅+南海電車の組み合わせで梅田~関西空港を移動できます。

とにかく安く、大阪~関西空港を移動したい場合はオススメです。

まとめ

大阪~関西空港間のアクセス一覧を紹介しました。
安さや速さなど重視されるポイントによって変わると思います。
その時々の状況に応じて決めるのがベストでしょう。

日本旅行goto

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする